仙台市内で評判のリノベーション会社を厳選比較でご紹介!おすすめの業者はココ!

リノベーションで狭い間取りをつなげるメリット・デメリット

公開日:2021/01/15  最終更新日:2020/12/25

家が古いからとあきらめていませんか。少人数世帯が増えて、より広い間取りが好まれる傾向にあり、広いリビングに憧れを抱く人は多いでしょう。リノベーションでは壁を撤去することで、間取り自体を変えることができますが、デメリットも存在します。この記事では、リノベーションで狭い間取りをつなげるメリットとデメリットを解説します。

古い間取りは細かくわかれている

古い家と最近の家の間取りは大きく違います。ひと昔前はほとんどが畳敷の和室で、古い間取りは細かくわかれています。廊下と部屋、部屋と部屋がふすまで仕切られているのも古い間取りの特徴です。台所のキッチンが壁つけになっていて、壁に向かって料理をするのが普通でした。たとえるならサザエさんの家を想像すると、わりと具体的にイメージができるでしょう。

現在の主流は大きなリビングや広いダイニングキッチンです。新築もいいですがやはり、愛着のある家は長く住み続けたいですよね。そのような場合は、ライフスタイルに合わせて住む家を快適な空間に変えるのがおすすめです。

部屋と部屋をつなげて広い空間を造るメリット

ここからは部屋と部屋をつなげて広い空間をつくるメリットを解説していきます。部屋と部屋をつなげて空間をつくるメリットは、なんといっても部屋全体がひろくなることです。ひとつにつなげることで、DKあるいはLDKとして広いスペースを確保できるでしょう。

床面積が広くなると開放感があり、長時間すごしても圧迫感を感じにくくなります。さらに奥行や幅を確保することで、床面積以上の開放感を演出できるのです。室内の風通しがよくなる部屋をつなげて、空間をひろくすることで、室内の風通しがよくなり開放感が出ます。

室内が広くなると、窓も設置しやすくなり風が抜けて快適です。さらに光が入りやすくなるので気持ちのよい部屋になります。窓のデザインは印象を左右するので重要な要素のひとつです。ちょっとした工夫でさらに快適な空間ができるでしょう。

省エネになる独立したキッチンとダイニング、リビングをつなげると省エネにつながります。空調設備を各部屋につけなくても、大型のものひとつで部屋全体をカバーできるからです。家族みんながそれぞれ暮らしていれば、空調設備も多く必要になりますので電気や燃料費用などの光熱費が多くなります。部屋と部屋をつなげて、ひとつの空間をつくると空調設備も少なくなるので省エネになるのです。

スペースを有効につかえる部屋をつなげるとスペースを有効に使えます。たとえば使わなくなった子ども部屋とつなげることで、空間を広くできるでしょう。新築時から変わってきたライフスタイルに合わせて、スペースを有効に使えます。

広い空間のデメリットは

広い空間は開放感があり憧れますが、広い空間ならではのデメリットも存在します。具体的には、広い空間は冷暖房の効きが悪くなりがちです。物理的に部屋の体積が増えるので、冷暖房が部屋全体に行き渡るまで時間がかかります。大容量の空調設備が必要になり、光熱費がかさんでしまう結果になりかねません。部屋をつなげて広くした場合はあらかじめ、断熱材を追加するなどの対策をすれば冷暖房効率も上がるのです。

独立したキッチンをダイニングとつなげる場合は空気の流れを考慮しましょう。なぜならキッチンの匂いがリビング全体に広がってしまう可能性があるからです。たとえば、キッチンの生ゴミの匂いがリビングに充満してしまう、焼肉などの煙が多くなる料理で煙がリビング全体に広がってしまうなどが考えられます。

解決策としては、換気のためのレンジフードや脱臭効果の高い内装材を選ぶと、換気・防臭対策になるでしょう。なかでも「珪藻土」はおすすめで、自然素材なので環境にやさしく、防臭効果や除湿効果が期待できます。においについて心配な方は検討してみてください。

家族間でパーソナルスペースをとりにくくなる場合はどうすればよいのでしょうか。部屋をつなげて広くした空間では、家族間でパーソナルスペースを確保しにくくなります。子どもが小さいうちは気になりませんが、成長していくにつれてプライベートな空間が必要になる場合も多いです。他にも突然の来客で、ちらかった部屋を見られたくないという場合もあります。そんなときはパーテーションで仕切る方法もありますし、段差をつくるなどで対策が可能です。

 

古い間取りは部屋が細かくわかれており、少人数世帯が多い現代のライフスタイルには合わない場合が多いようです。部屋と部屋をつなげてリノベーションすると、開放感あふれる広い空間ができるでしょう。床面積が広くなるので長時間過ごしても圧迫感が少ないのもメリットです。広い空間は窓も大きいので風通しもよくなり、快適で気持ちがいい部屋をつくることができます。

しかし、広い間取りは空調設備の効きが悪くなりがちです。あらかじめ断熱材を多く使うなどすれば、冷暖房効果もあがりますので工夫が必要になります。なかでも「珪藻土」は自然素材で環境にやさしく、防音効果や除湿効果が期待できる注目の素材です。うまく利用してリノベーションで部屋をつなげて快適な生活を手に入れましょう。

仙台のおすすめリノベーション会社

商品画像
商品名ReCREAR(リクレア)北洲ハウジング(株式会社 北洲)建築工房 零スタップ(STAP)仙台Rゲート
特徴少数精鋭による1軒ごとの丁寧な対応各部門スタッフによるヒアリング無駄を徹底的に省いたリノベーション間取り・家具・デザイン全てがオーダーメイド中古住宅購入+リノベーションのパッケージプラン
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索