仙台市内で評判のリノベーション会社を厳選比較でご紹介!おすすめの業者はココ!

リノベーションをするときに気を付けるべきポイント

公開日:2020/08/01  最終更新日:2020/09/07

リノベーションはリフォームのようにマイナスのものをゼロにする改修ではなく、住む人のライフスタイルや好みなどに合わせて住み心地を向上させる改修のことです。自由に間取りや機能を向上させられると人気ですが、既存の枠を活用する仕組みなので当然制約も生じます。

戸建ての場合の制約にはどのようなものがあるのか

戸建てでリノベーションする場合、マンションよりも自由度が高く工法もさまざまなものがあるため、選ぶこと自体も楽しくなるでしょう。土地も合わせて所有しているのであれば、増築も可能なのが戸建てのリノベーションの魅力です。

しかし、完全に自由というわけではなく、都市計画上の制約が存在していますので確認が必要です。住んでいる地域ごとに容積率や建ぺい率の上限が定められており、それを守らなければなりません。なぜ地域ごとに上限が定められているのというと、地域の安全のためです。眺望や日当たりのことを無視して皆が自由に工事すると、当然今までの環境を壊される他者が生まれトラブルになるでしょう。

また火災時の安全基準の定められており、防火地域などでは建材自体も耐火性のものを使用することが義務とされています。防火地域では、木造住宅は延焼の危険性から建てられません。このように地域ごとに安全性や環境保全のための制約が設けられていることは、事前に確認しておくべきポイントとなります。建築上の制約は地域の市役所などで確認でき、物件の販売元も当然熟知していますので聞いてみるとよいでしょう。

マンションの場合は構造と管理規約の制約がある

マンションを購入してリノベーションをする際、建物の構造に関する制約と管理規約に関する制約があります。マンションの多くがラーメン構造と壁式構造であり、壁式構造は建物を支える壁で支える構造であるため、間取り変更は基本的にできません。とくに築年数が古いマンションは壁式構造が多いので注意しましょう。

希望の間取りにしたいなら、まず購入前に工事できるマンションなのかを確認しておくことが最重要になります。マンションは自分だけが住んでいる建物ではなく、マンション自体が住民全員の共有の財産になります。マンションの住民全員で価値を維持して快適に生活しようといったルールが存在しています。管理規約では住居や生活に関することが定められており、電気やガスなどの容量も定められていたりもします。

管理規約で定められていることは、マンションに住む以上守らなければなりません。また、リノベーションは専有部分のみしかできないので、マンションのように共有部分もある建物だと外観に手を加えることができません。制約も多いので、外観や玄関などデザインや使用感を確認して購入する必要性は非常に高いといえます。

マンションにも戸建てにもいえる注意点

リノベーションは当初の予定よりも総費用が高くなりがちです。なぜなら工事を進めてみないとわからないことも多いからです。工事前の計画の段階では、目で見える部分を確認して計画をするでしょう。しかし壁を剥がしてみると腐食していたり、配管が古く継続して使用することが困難であったりする場合もあります。

リノベーションを考える際、多くは中古物件を購入して行います。中古物件の中でも購入費用を抑えることは重要であり、どうせ新しくするからと築年数が非常に経っている物件を購入する方も多いです。それ自体は間違いではないのですが、それだけ年数が経っているということは、目では見えない部分が古くなっている、劣化していることは充分にあり得ます。

建物の工事費用だけでなく、配管や支柱の補強など当初の予定にない部分の追加工事も起こりえるので、想定していた当初の費用より高くなってしまう場合もあるので、リノベーションを前提として物件を探す場合には事前にしっかりと確認しましょう。リノベーションを行う際には、工事会社の選定も重要であり、それによっても総額は変わってきます。複数の業者で見積をとって比較し、料金や対応面で納得できる業者に依頼しましょう。

 

リノベーションはリフォームとは異なり、古いものを新しくしてさらに機能性を高める工事です。元の素材を活用もするので人気ですが、住宅の工事にはさまざまな制約や気を付けるポイントがあります。マンションなら特有の制約や管理規約、戸建てならその地域がどの指定を受けているのかで希望の実現度合いが変化します。

事前には調べきれない部分も当然ありますが、可能な部分は欠かさず確認しておくことが、後のリスクを減らすためのポイントです。工事の総額は往々にして当初の予定よりも高くなりがちで、いくら調べても多少の追加の工事は起こり得ます。

しかし事前の調査を怠ると、配管など大々的な工事が必要になることもあります。理想を抱くことは大切ですが、実現には気を付けて確認しておくべきポイントは相応にあります。面倒くさがらず、大切なことなので下調べや確認は怠ってはなりません。

仙台のおすすめリノベーション会社

商品画像
商品名ReCREAR(リクレア)北洲ハウジング(株式会社 北洲)建築工房 零スタップ(STAP)仙台Rゲート
特徴少数精鋭による1軒ごとの丁寧な対応各部門スタッフによるヒアリング無駄を徹底的に省いたリノベーション間取り・家具・デザイン全てがオーダーメイド中古住宅購入+リノベーションのパッケージプラン
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索