仙台市内で評判のリノベーション会社を厳選比較でご紹介!おすすめの業者はココ!

リノベーションをしたら家賃は高くなる?

公開日:2020/08/15  最終更新日:2020/09/07

資産運用として初心者に行いやすい方法として評判なのが、不動産屋から集合住宅の権利を購入して第3者に販売をする投資用物件が人気です。投資物件は、基本的には築年数が経った集合住宅だと安くなるので行いやすいです。ただし、築年数が20年以上たった物件を購入して販売する場合、事前に予算を積み立てて行いたいのがリノベーションです。

再構成するのがリノベーション

建築業界で用いられるリノベーションというのは、簡単にいえば再構成をすることを意味します。現状の価値観に合わなくてなってしまった住宅を、一度取り壊した後に現状の価値観に合うものに造り変えるのです。似たような用語においてリフォームがありますが、リフォームとリノベーションは似て非なるものになります。

リフォームの場合は築年数がたっていても、定期的に行う安全性能のチェックで災害レベル5以上に見舞われても耐えられる耐久性があることが条件になります。安全性能のチェックで安全性がまだあると認知されているのであれば、住宅の内装を変えるだけで済むのがリフォームです。

その点リノベーションの場合は、住まいや設備の古くなったところを補修・補強するといった工事に加え、快適性をアップさせることを目的として行う工事のことを指すのが一般です。ただし、投資用物件をリノベーションする場合には、買い手のニーズを考え、それに応えるリノベーションを行う必要があります

買い手のニーズに合わせたリノベーションを

なぜ投資用物件を購入したときにリノベーションが必要になるのかというと、絶対に物件の権利を購入した段階で自身が販売者になっていることが起因します。繰り返しになりますが、投資用物件は第3者に価格を提示して購入してもらう必要があります。

そのためには購入してくれる人のニーズに応える必要があるのです。購入者にとって、集合住宅の権利は住むところなので是が非でもほしい権利ですが、ただ購入するにもローンを組まなければならないほどに多額の予算が必要になるのです。その多額の予算を使うからこそ、購入者は商品を吟味して慎重に選ぶ形になります。

もし購入した物件が、築年数が経っていることで安いというメリットがあっても、災害時の耐久性がない、内装が貧弱であるといった状態では買い手がつかない可能性が高くなるのです。投資用は商品を売ることで利益を得るものなので、購入者のニーズに合わないために売れなかったら意味がないだけでなく維持費などがかかってしまい損のほうが大きくなります。

アンケートなどで情報収集した際に顧客のニーズに合っていないのであれば、迷わずにリノベーションをすることを選択します。建物自体を新しく作り替えることができれば、購入者のニーズに応えることができるので買い手がつく可能性が高くなります。

リノベーションの後は情報発信が重要

購入者のニーズに応えるためにリノベーションをするのはよいことですが、実際に行った後に注意してほしいのが家賃設定です。投資の原則は、購入した段階での価格を覚えておき、その後経済が上向いた段階で土地価格が上がった段階で売りに出すことで利益を生むものです。

投資用物件も同じで現在持っている資産からできるだけ安い物件を購入し、販売に出すときには少しだけ高い家賃設定をした差額で利益を生みます。しかしリノベーションは比較的大規模な範囲にわたって行うため費用がかかりますから、家賃設定自体も、業者と連絡を取り合い現在の価値に合わせて設定をする必要があるのです。

ただ高くなるということは、それだけ購入者にとって負担が増加することを意味します。そのため高く設定をしてしまうと、購入者が来てくれる可能性を低くしてしまうリスクも起きるのです。リノベーションをした後に購入者をなくさないためにも、必ず不動産屋と連絡を取り合い家賃設定の話だけでなく宣伝も行うようにすることが重要になります。

新しく作り替えた際のメリットとしては、最新鋭の設備ときれいさを誇ることです。購入者のニーズとして、安全で快適な住まいに住みたいという考えがあるのです。そして購入した物件の周辺情報をリサーチし、商店街や駅そして病院などの距離といった住むうえで欠かせない情報を発信し続けます。発信した情報と購入者のニーズが合えば、たとえ家賃設定が高くても費用対効果を考えてお得と感じてもらえれば購入してもらえる可能性が高くなるのです。

 

投資用物件は長期保有がしやすいので、手軽な資産運用になるのが人気の理由です。ただし実際に行うのであれば、絶対に覚えておかなければならないのは損切りラインになります。いくら新しく作り替えても、ニーズに合わないと購入者が現れないです。

買い手がつかず空室が多いと、生地管理費の負担が増えてしまい継続が難しくなるのです。もし自己資産に影響を及ぼし始めているのであれば、所有している権利を定価以下の値段で不動産屋に購入してもらい負担を少なくすることで破綻リスクをなくすことが重要になります。

仙台のおすすめリノベーション会社

商品画像
商品名ReCREAR(リクレア)北洲ハウジング(株式会社 北洲)建築工房 零スタップ(STAP)仙台Rゲート
特徴少数精鋭による1軒ごとの丁寧な対応各部門スタッフによるヒアリング無駄を徹底的に省いたリノベーション間取り・家具・デザイン全てがオーダーメイド中古住宅購入+リノベーションのパッケージプラン
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索